« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月 8日 (火)

IT技術の分散化で孤立する

知合いのハード屋やプログラマに、ここ数年でIT技術が大きく変化したか
恐る恐る尋ねてみる。
だが意外にも返事は「大きな変化なし」というものだ。
多分、彼らはフリーのものを使う必要がない。
そんなケチケチとする様なところで働いていない。
だからソフト開発のコンソーシアムや秋葉の通販サイトすら、殆ど使っていないと思う。
とても恵まれている。
最近はインタネットから様々なものが入手できて夢の様だ、
などと此方から言う事が間違いだと思う様になった。

そんな時、昔の同僚から同窓会の案内が来た。
不参加にしようと思った。

小説「ブラックボックス」を読む

無機質な作物工場というイメージがなぜか思い浮かぶ。
今は設備に金が掛かるので、実現性となると限定的だろう。
だが将来、設備がコストダウンされ、そうなるのではないかと思う。
SFの世界では既にそうなっている。
農業の未来予測は私の守備範囲ではないが…

そんな事を考えていたら「ブラックボックス」(篠田節子著)があり、読んだ。
夢想を排した現実的な小説だった。
つまり完全滅菌した作物工場になぜか「菌」が混入し、それを抑えるために農薬を使う。
やがてその作物工場は閉鎖に追い込まれる…という小説だ。

だが小説の内容はどうあれ、農業の工業化は進んでいくだろうと思う。
勿論私は農業の当事者ではないが、工業化には僅かに関わっている気がする。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »