« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

ネットサーフィンで気持ち悪くなる

iPodTouchを持つようになり、時々検索作業に憑りつかれる事がおこる。
ネットサーフィンという言葉が出掛けたのは多分15年程前だったと思うが
それは楽しかった、だが検索もこの頃は徐々に気分が悪くなる所を感じる。
探す内容が余り楽しくない事もあるし、差し迫っている状況もある。
だから糸口を掴みかかっている時は、もう中断するのが難しくなっている。
その先は徐々に気分が低下していき、ボロボロになる事も稀にはある。
検索行為そのものが良いか悪いかは判らない。
だがはっきりしているのは、もはや以前のような情報を交換できる同僚はいない。
ネットから情報を採るしかないのだ。

休日の午後、ぼんやり横になって、人間どうしが癒しあう時代は終わったと思った。
今は自分の周囲にある良いものを眺めたり、旨いものを食べたり、
つまり好きな事をして自身を回復するしかない。
時々、幸運に人との交流があり、癒される事もあるが、それは稀な事だ。

なぜこういう事が起こっているのか?
ネットサーフィンについて言うと、それが言わば仕事の一部になっていて、
以前の会社の人間関係とは異なっているためだろうと思う。
会社では人間関係がストレスの原因であるとよく言われるが
人間どうしは互いに仲間保存の遺伝子が働き、全体的には破滅を避けると思う。
一方、機械の中は無機質が支配する世界であり、
そこをいくら進んでいっても、自己の中には無機質からくるものが溜まるだけとなる。
本を読んで教養を高めるというのは、著者の意図が込められているので無機質ではない。
インタネットでの検索作業とは異なるのだと思う。

2015年6月29日 (月)

AndroidStudio、usb接続を見失う

AndroidStudioの実機デバッグをしていて、USB接続は正常にできていた。
昨日、それが徐々に接続できなくなった。
dosプロンプトでadbのコマンドのテストをしていた。
その際、AndroidStudioでusb接続できていても、接続は切断された。
そのうち、AndroidStudioではusbを表示しなくなってしまった。
スマホ側もusbデバッグするか?というダイアログが表示しなくなった。
(usbを接続した時、connectedのメッセージはスマホ側に表示される)
大分参っている、立ち直れるだろうか…

===2015.7.2追記
幸運に恵まれ、自然復帰していた。
デバイスマネージャで、usb root hub を無効にしたが、これが幸いしたかは判らない。
マウスが使えなくなったので、やらない方がいい。
ともかく朝一番で復旧していた。

2015年6月27日 (土)

はんだ付け作業でのボード固定方法

インテル社の創成期に回路を集積化するくだりを本で読んでいた時、
なぜかボードにはんだ付けする姿が思い浮かんだ。
近々はんだ付けする作業を控えていて、ボードを固定するなどの事を考えていた。
手作りしている悲しさで、どうするか悩んでいて、夜眠りが浅くなり、
どうも木枠のようなものを作って、それでボードを固定しようなどと考えた。
それで、早速その木枠を作ろうと、木材とボードを目の前に置いてみたら
直ぐにそれは難しいと判った。
木工の精度では、柔軟にボードを固定する事はできなかったからだ。

20150627_103418

googleの先の生活苦

一旦発明されてしまうと、人はそれ以降苦労せずにそれを使う事ができる。
私のITに関する作業は、以前誰かが見つけた方法を借用しているだけだ。
これは技術者全般が抱いているある種のトラウマではないか。

何か新しい事を始め、あちこち判らない状況になった時、
自分は何かを発見するタイプではないから、早く発見者に出会わねばと思う。
今はその事にインタネットが関わっている。
だがそこで得られる情報は玉石混合で、より分けが大変な事が多い。
情報は無料だが、それをより分けるのは、自分の時間の持ち出しになる。
自分の時給が幾らという意識の高い人は、時間の無駄遣いだと感じるかもしれない。

googleがあの程度の検索機能で一世風靡している様だが
まだまだ機能面で劣っている事は確かだ。
時給の実質低下だと感じている人もいるが
検索をよくする人の中には、時給が一般的に高過ぎるのでないかと思っている人もいる。

2015年6月25日 (木)

腰痛になった時、痛くない程度の前屈みのストレッチ

何度目かの酷い腰痛に陥った。
長時間のデスクワークと、筋トレの疲労が溜まっていた可能性が高いが
本当の原因は判らない。
腰痛は厳格に矯正しないと、いずれ致命的な事になると思った。
細かい点から直す事にした。
デスクワークを定期的に中断し、机の脇で床に手を突き、後ろに反らせるストレッチをする。
時々ボキッという音がする。
ともかく血流を促す。
だが2週間経過しても腰痛は好転しなかった。
そういう時、掛かりつけのマッサージ師に腰痛時の良いストレッチ方法を教えて貰った。
それは立ったまま痛まない所まで前屈みになるという簡単なものだった。
手はだらりと下げる。
灯台下暗しのような知っていそうで気付かないストレッチだった。
多分無理のない範囲で筋肉を使う、つまり軽い筋トレのようなものだろう。
朝昼晩と1日3回、1回40秒との事。
そろそろ3週間近くなって、少しずつ回復してきた。

Andriodのroot化ができない

Androidの世界でうろついている。

Androidスマホが社会に出現した時点で既にroot化という作業が存在した。
つまりスマホの世界では一般人と管理者が最初から区別されている。
その事での良否は未だ判らない。

Androidのroot化の作業手順は元々はハッカーの領分だったかもしれないが
今はもっと一般化しネットで簡単に検索できる。
だがそれらの記事を読み、再現できない状況に陥った時、いつも思い知らされる事だが、
書き手の前提条件が、こちらと異なっているのだ。

何日もroot化作業を続けている。
root化できると主張しているアプリを幾つか動かした。
ダメと判っていたがスマホメーカにも質問メールを送ってみた。
全て失敗した。
root化は不可能と書かれているサイトすら見つけてしまった。
root化はアプリをインストールし、それを動かせばいいという程に簡単ではない様だ。
管理者としての素養、つまり小手先かもしれないが現場的な知識が必要だ。

それでもあちこち探していく。
犬も歩けば棒に当たるだろうと思った。
未だroot化はできていないが、その先が広い世界である気がしてきた。
90年代にPCが出現した時と似ている。
だがスマホの台数はPCよりはずっと多く、その影響範囲もずっと広いと思う。
だがroot化するためには、細かなノウハウを幾つも取得する必要がある様だ。
時間を要する状況になりそうだ。


Nestlekitkatcandybars2



2015年6月17日 (水)

どんなデータでもCSVで提供する

Excelシートにデータを取り込む事で、確かにマクロを利用した高度な統計計算ができる。
その事は判っていたが、統計マクロを実際に試した事はない。
最近ビッグデータという言葉をよく聞くようになった。
何らかのデータを個人でも取得できるようなのだ。
例えば温度や湿度の気象データが公開されているらしい。
そしてそうした場合のデータの提供形式がcsvである事が多い。
つまりExcelで処理し易いものであるようだ。
だがイマイチその本意がよく判らない。
Excelを使うといってもバッチ(一括)処理であるし、データのこねくり回しだ。
一般の人がそういう高度なデータ処理を行っているという事なのだろうか?
だとすれば思った以上にデータ処理の利用が進んでいる事になる。

2015年6月15日 (月)

ビットに連れてアトムが蔓延する?

「電脳ナントカ」という用語を余り聞かなくなった気がする。
代わりに「ビットとアトム」というのをmakersという本で読んだ。
ビットとは質量がなくコピーできたり、無料だったり、つまり情報の事で、
アトムとは質量のある物質であり、本来有料であるのに、
ビットを元に無料に近い価格で作り出せるものだ。
3Dプリンタの出現により、それが可能になるという。

情報が無料になるだけでも大きな変化なのに、モノもそれに連れて蔓延する事になるらしい。
だがこの事は今は未だ実感がない。
商品は「お店」でしか買えないし、その流通過程も複雑だ。
社会的な分業が進んでいて、情報化がその分業化を大きく変えるとは思えない。
だが国際的な分業が進んでいて、中国に製造業がシフトしているという事は起きている。
だが今の所、中国で3Dプリンタを使っているため、そうなっているとも思えない。
又も、考えても判らない事になった。

2015年6月12日 (金)

無理のある希望

1つ解決したら、又次の問題が出現する。
偉そうな事を云う様だが、実際はそれで体調を崩す事もあり、とても無様な有様だ。
評価は気にすまいと思うが、終わりのない所作だ。
バカみたいに目の前のハエを追い、溝を跳び越す愚かさを繰り返している。
こんな場当たり的な事では余り上等な成果は得られないかもしれない。
だがどうだろう、こんな中でしか希望を抱く意味がない気もする。
かつての仲間は今頃どうしているのだろうか。
もう暫く会っていないし、会っても多分話が合わなくなっているだろう。
互いの生活に関する事が、パラダイム変化により、理解できない気がする。

ロボットの時代

ロボットの時代だ。
ロボット技術という言葉からイメージされるのはハイテク技術であり、多額の開発費だ。
だが余りに面白そうだから、お金のない個人でもつい参加してみたいという気が起こる。
例えば模形の分野には、多彩な部品や製作技術、そして情報交換の場があるようだ。
更に、DIYという自作を好む人達の中に専門家並みの知識がある人もいると聞く。
だからロボット技術分野といわれる中にも個人でやっておられる方もいるに違いない。

何かこれからできる事とすると、先ずはマイコンでモータを動かす事だろうか?

2015年6月 9日 (火)

中国の会社に酷い英文メールを出す

中国の会社にボード作りを頼んでいる。
そこから solder mask opening がないというメールを何度か受けているが、
私の返事は今では「構わないから開口してくれ」という簡単な英文メールだ。
だがそれは、恥も外聞もない程酷いもので、伝えるべき最低限の英文でしかない。
だがこういう諸々の事はもう後戻りのできないパラダイムシフトの一面かもしれないと思う。

2015年6月 8日 (月)

筋トレハイの副作用(2)

筋トレをした後、ハイな酔いに似た気持ちが得られる事が多い。
経験はないが、これは薬物による効果に似ていると説明できるかもしれない。
だが今の所、ジムには「筋トレは健康を害する事があります」という注意書きはない。
未だ余り問題にはなっていないようだ。

初め、筋トレは無条件にいいものと考えていた。
だが経験でよく考えてみると過度な快さは危険とは裏腹である事が多い。
いずれ「良い酒の飲み方」という様な解決策を探る事になるのかもしれないが、
当面、この刺激をもっと強く、もっと確実に起こる様にする事に執心していくだろう。

この快感には幾つかの種類がある。
まず使った筋肉がだるく重くなるドヨーンとした鈍いが快い感じ。
それと時々、鼻の奥の血流が増し、それが鋭い快感になるものがある。
「オレはここにいる」という様な勇ましい気持ちが伴う事もある。

2015年6月 3日 (水)

同窓会雑感

以前は仕事でよく出張した。
だが今ではよく出張させて貰えたと思う。
仕事は只のソフトの現調だった。
久し振りに東海道新幹線に乗ってそう思う。
こんなにトンネルがあったろうか?
静岡の茶畑が見える。
ソーラパネルや風車は以前はなかったものだ。
この頃は、以前のような理由もない自信はなくなった様だ。
名古屋で鳥羽行きの方に乗り換える。
鈴鹿、松坂、伊勢と途中には有名な場所が多い。
5月15日にもう田植えをしている田がある。
同窓生は皆年老いていた。
私が一番見分けが付かないと言われたのには参った。
直ぐに約45年の時間が埋まってしまう。
大よそ学生の時にその兆候があったと思わざるを得ない。
それ程、皆よく変わってしまっていた。
酷い肩凝りに見舞われていたが、感情の嵐が起こり、それをすっかり忘れていた。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »