« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

筋トレハイの副作用

筋トレをした2日目の朝、起き上がろうとした時、体に疲れが残っているのを感じた。
いつもなら、こうした疲労感は消えるが、今日は肩凝りを併発し、重苦しさに変わった。
その疲労感はとうとう1日中続いた。
こういう日は時々ある。
筋トレという快楽物質を採った副作用なのかもしれない。

2015年5月26日 (火)

筋トレハイ

筋トレ後には鼻の奥に時々快い血流を感じる。
最近は半ば中毒のようにその快感を求める。
筋トレをしている人の何割かは、そういう快感を求めているのではないかと思う。
私の場合、カールでの残響感が一番強い。
カールでは筋肉への負荷が他に逃げないためだと思っている。
快感を感じた翌日は疲労物質が体に充満し、更にその翌日にはそれも消える。

情報の末端作業者

Web検索というものが出現して以来、ソフト開発作業には他との異質な面が生じた。
先ず、誰かの書いた良い加減なWeb記事だけしか情報がない。
そして、自分の読解力だけしか、それを解決する場合に頼るものがない。
でもこれは、私のような末端作業者に限られる事なのかもしれない。
正統な組織に属している技術者なら、良質な情報、上質な協力者がいるのかもしれない。

インタネットに情報が無料で流れるようになった。
今の所、とても質が悪く、使える情報は少ないかもしれない。
情報は放置しても、自然に良質なものに変化する事はない。
情報の質を高めるのは飽くまで人間が介在した事の結果だ。
だが現実に私自身には協力者がいない。
ネットの向こうで、質の高い人が情報を提供するのを、只待っている状況だ。
情報の末端作業者という種類の人は確かに存在する。

2015年5月20日 (水)

ジムはポースの場

ジムで人の行う行為はまさにポーズだ。
これ見よがしのものだ。
ある人は柔軟性がある事を強調するように、開脚し上体を床に付けるポーズ。
またある人は体幹の訓練としてローラの上に板をのせて、その上でバランスをとるポーズ。
その他にも各自が信じる思い思いの健康にいい訓練のイメージをポーズしている。
今のジムは以前のボディビルジムではなくなっている。
だが、未だボディビルダを目指しているらしい人もいる。
とにかく雑多なポーズが展開する妙な場所になっている。
私もそういう「文化」の中にいる一人だろう。

2015年5月14日 (木)

プログラミングは「しらみつぶし」で行うしかない

プログラミングのモチベーションを下げないための手法としてリマインダーがある。
リマインダーと言っても、私の場合、単に残件をノートに箇条書きにしておき
1つづつチェックマークを入れ、つぶしていくだけだ。
だが、これ以上の方法はないと思っている。

モチベーションが落ちたと思っている場合、無理にでも作業項目を箇条書きにする。
それでもやる気が起こらない場合、明日に持ち越してもいい。
それでも明日、その箇条書きがあれば、作業準備に時間を使わないでいいと安心できる。

なぜかプログラミング作業にはやる気を殺がれる事が多い。
そこに作業量の把握ができないからとか、ボトルネックの作業があるとか
その他、心理的な壁などが必ず存在する。
何とか回り道を選択するか、別の事を片付けるか、様々な考えが頭を巡る。
気付けば、全く作業消化ができていない事が多い。

リマインダーはその点、なぜか頭を整理してくれる。

プログラムの図示は大切

今日もプログラムソースの図示化をし損ねた。
作業としては沢山ソースを書いたが、それを図として表現し記録しなかった。
作業の成果はあったものの、将来の災難の芽を摘まず放置してしまった。
こういう事を続けていくと、いずれプログラムが動かなくなった時、困った状況が起こる。
自分で書いた筈のソースが、全く別物に見える。
そしてその時、図にしておかなかった事を後悔する。
それをずっと繰り返している。

筋トレの薬物的効果

筋トレ後の約8時間が経過し、少し酔いに似た筋トレハイは収まっていた。
ここ何日は肩凝りが酷い。
それは、筋トレハイで一時的に解消するが、時間が経てば又ぶり返してしまう。
マッサージ師は筋トレは体に無理が掛かるので、肩凝りにも良くないと言う。
専門的には炎症した筋肉は休ませるしかないのかもしれない。
だが僅かな時間であっても肩凝りから逃れたい時、筋トレハイは有難い。
それが薬物使用という事にはならないが、似た所があるのではないかと思う。

2015年5月13日 (水)

GAE、datastoreが無くなる

2015.3.25 Google Cloud Platform という所からメールが届き、私のGAEアプリが
Master/Slave DataStore のユーザだと告げられ、そのサポートが2015.7.6で打ち切られるとの事だった。
HRDというものに移行すれば、再度使用できるらしい、云々。。。
英文なので詳細は理解できない。
管理画面にログインし、該当アプリのDashboard/Applicationで-hrdというアプリにコピーはした。
解説したサイトの通り行った。
更に、そのアプリにdeployしなくてはいけないようだ。
時間がない!

$9マイコンの時代

$9マイコンが出現しそうだ。
https://www.kickstarter.com/projects/1598272670/chip-the-worlds-first-9-computer
本当にそうなれば、マイコンが品薄になるので自作しようとしていた事など
何処かに吹き飛んでしまう。
マイコンはここ何年かでソフト開発環境のコンソーシアムが出現するという
パラダイムシフトがあったが、それ以上の変化になると思われる。

低価格化という余りにも当然のパラダイムシフトだが、
当然なだけに個人的には困難だと思っていた。
だが本当に起きるとすれば、今迄のマイコンは一挙に「高価なもの」になってしまう。
低価格のマイコンの話は、カク・ミチオの未来予測に登場し
そのSF的なシーンでは、妻が夫に
「スーパーでマイコンを1ダース買ってきて!」
と頼むというものだった。
それが来年にも実現し、SFではなくなる。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »